スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

全粒粉ケーキ

2018020820240001f.jpeg


ダイエットに甘いものは大敵、知っているけど、「食後は甘い物」という習慣で育ったパパは、止められない。それを見ている息子も食べたくなるのは当然で。

ただ、食間のオヤツは息子と話し合いをした結果、辞める事にした。
チョコとかお煎餅、グミとか。

ネットを調べていると、「全粒粉を使う場合は、小麦粉を全粒粉に変えるのではなく、全粒粉のレシピで作ったほうがいい」と書かれていたんだけど、どっちもありだと思う。

膨らませるのがポイント、ふかふか感がポイントのお菓子はそうだと思うけど、どっしりしたケーキやあまり粉を使わない物は、小麦粉を全粒粉に変えても平気な気がする。

バナナケーキはいつものレシピの「小麦粉とベーキングパウダー」を「全粒粉セルフライジング粉」に変えたけど、息子も義理母もパパも平気だった。

この前日に、プレーンなパウンドケーキを全粒粉で焼いたら、大人組には人気で、息子はダメだった。
バナナやレモンやオレンジ、といった味が強いものが入ると、全粒粉っぽさが消えて、子供には食べやすいのかも知れない。

大人は、全粒粉の味を香ばしいとかナッツみたいだ、とか良く捉えられるから全粒粉でもいけるんだろうな〜。


おやつ、に関しては、友達と一緒に出かけた時とかは同じ物を食べさせてあげたい。全部じゃないけど、ポテトチップスとかグミ、チョコバー、そういった物も友達と一緒の時はね。1つぐらいは。
だって、子供にはそれが楽しかったりするから。

その代わり、後で調整しようね、という事で。







人気ブログランキング
スポンサーサイト
  •   08, 2018 20:31
  •  0
  •  0

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。